液晶テレビ買取専門店液晶テレビ高く売れるドットコム » 買取品目一覧 » クロ(PIONEER)買取
宅配買取 店頭買取 出張買取 最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」 今すぐお電話ください 0120-945-991
店舗情報 東京リユースセンター 横浜リユースセンター 埼玉リユースセンター 仙台リユースセンター 名古屋リユースセンター 大阪リユースセンター 神戸リユースセンター 福岡リユースセンター
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
出張エリア拡大中
  • 東京近郊の出張買取エリア東京都近郊の関東エリア
    (東京、千葉、埼玉、神奈川)
  • 名古屋近郊の出張買取エリア名古屋近郊の東海エリア
    (愛知、三重、岐阜)
  • 大阪近郊の出張買取エリア大阪府近郊の関西エリア
    (大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀)
  • 福岡近郊の出張買取エリア福岡近郊の九州エリア
    (福岡を中心とした隣接県)
エリア外もまずはお気軽にご連絡下さい。
お電話お待ちしております。

スタッフ大募集
法人さま向け買取サービス

法人さま向け買取サービスのご紹介。
在庫処分の前にまず当店へご相談ください。

盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。


クロ(PIONEER)買取

パイオニア クロ買取

パイオニア KURO(クロ) 買取

パイオニア KURO(クロ)の高価買取なら、テレビ高く売れるドットコム。
リアルタイムの買取相場を元に、査定をするため、常に適正な価格のご提示が可能です。さらにwebでの買取・販売に特化し、コスト削減した分を買取額に還元。 査定結果にご了承いただくとお客様に合わせた買取方法をご案内いたします。まずは査定価格をしらべるなら下記よりお申込みを!

買取価格を調べる

パイオニア クロの買取実績

パイオニア KURO KRP-500P 50V型 2009年製
買取価格:40,000円
高音質サウンド・高画質で好評なパイオニアKURO「KRP-500P」を宅配買取にて高価買取いたしました。2017年5月22日時点
パイオニア KURO PDP-5010P 50型 2008年製
買取価格:20,000円
テレビ本体とリモコンの動作確認を行い特に問題がなかったので、中古品として買取いたしました。2016年10月30日時点
バイオニア KURO KRP-500A 50V型 2009年製
買取価格:30,000円
使用に伴う細かな傷はございましたが比較的状態も良く、状態の良好な商品として買取いたしました。2017年7月14日時点
パイオニア KURO PDP-428HX 42型 2008年製 13,000円
買取価格:13,000円
深みのあるクロの表現を可能にしたパイオニア「KURO」の新開発高画質パネルは高い人気を誇ります。人気商品であるため、2008年製で経年劣化もありましたが13,000円にて買取いたしました。

上記の買取価格は相場や商品の状態により変化します。あくまで参考価格としてご覧ください。

KUROの買取お任せください!

買い替えなどで不要になったテレビを処分するにはお金がかかりますが、テレビ高く売れるドットコムで買取ってもらえば現金化出来ますし買い替えの費用などに充てることも出来ます。 テレビ高く売れるドットコムではパイオニアのプラズマテレビクロなども高価買取を行っていますが、正式な査定をお願いする前にどれくらいの価格になるのか知っておきたいという人も多いでしょう。 パイオニアクロなど商品名や型番など1分ほどで入力が完了するサイト上のフォームからや電話ですぐに買取価格を調べられるようになっており、あらかじめ目安となる金額がわかるので安心して査定依頼出来ます。

パイオニアクロなどプラズマテレビは液晶と比べて大型のサイズが多いですが、そうなると店舗まで持っていくのが大変だったり車など手段がないなどで断念してしまうケースも多いです。 しかし、テレビ高く売れるドットコムでは、持ち込みだけでなく出張買取や宅配買取なども行われているので全国どこからでも利用が可能なだけでなく、送料や出張料も全て無料で利用できるので気軽に査定依頼することが可能ですし、 査定価格に満足が行かない場合でも返送の送料は負担してもらえるのでパイオニアクロなど大型の商品でも安心です。

パイオニア KUROのおすすめの買取方法

出張買取 宅配買取

パイオニアクロなどをより高く売る方法ですが、まず出来ることは掃除をするということです。簡単に落とせる汚れなどであっても有るのと無いのでは買取価格に差が出てきます。なので、出来る限りの掃除はあらかじめしておくことが高額査定のポイントと言えます。また、テレビ本体だけでなく一緒に使用していたホームシアターセットやスピーカー、HDDレコーダーやブルーレイレコーダーなど周辺機器も一緒に買取りしてもらうことが可能です。これらは別々に査定してもらうよりも一緒に査定してもらう方が共に査定額が上がりやすくなりますので、こういった周辺機器も不要になるのであれば同時に査定してもらった方が良いです。

パイオニア クロ関連製品

パイオニア買取対象品一例

KURO クロ プラズマテレビ
KURO クロ ブルーレイディスク
KURO クロ ハイビジョンレコーダー
KURO クロ オーディオ

パイオニア KURO(クロ)型番一覧(一例)

KURO クロ プラズマテレビ  

KRP-500A
KRP-500M
KRP-600A
KRP-600M
PDA-4001
PDA-5002
PDA-5003
PDA-5004
PDA-H05
PDP-427HX
PDP-427HXD
PDP-428HX
PDP-42FX10
PDP-433HD-S
PDP-433HD-U
PDP-434BX
PDP-434CMX
PDP-434HD
PDP-434HD-W

KURO クロ プラズマテレビ  

PDP-434HDV
PDP-434TX
PDP-435HDL
PDP-435HDS
PDP-435SX
PDP-436HD
PDP-436SX
PDP-5000EX
PDP-5010HD
PDP-501HD
PDP-502HD
PDP-503HD
PDP-503PRO
PDP-504CMX
PDP-504CMX-S
PDP-504HD
PDP-504HD-W
PDP-504HDV
PDP-505HDL

KURO クロ プラズマテレビ  

PDP-505HDS
PDP-506HD
PDP-507HX
PDP-508HX
PDP-50FX10
PDP-6010HD
PDP-607HX
PDP-615PRO
PDP-A427HX
PDP-A433HD-S
PDP-A433HD-U
PDP-A433S-U
PDP-A503HD
PDP-A507HX
PDP-S01-LR
PDP-S02-LR
PDP-S42-LR
PDP-S43-LR
SH-DT3

※上記型番以外のKURO クロ プラズマテレビ も買取をおこなっております。
プラズマテレビ以外の周辺機器商品も併せて高額買取させて頂きます。まずは何でもご相談下さい。

宅配買取エリア

買取地域

出張買取エリア

高く売れるドットコムの出張買取対応エリア

パイオニア KURO(クロ)査定のポイント

①掃除!


KURO クロ プラズマテレビ を買取の前にほこりや油汚れ、などかんたんに清掃ができるところは出来る限りキレイに掃除をして頂けると買取査定額UP

 

②付属品完備!


ご購入された新品状態に近ければ近いほど良いです!
KURO クロ プラズマテレビなどの取扱説明書、リモコン等の付属品はお忘れなく。
付属品は商品の需要や、市場価値、状態と並ぶ買取査定の際の重要なポイントです。※最近のプラズマテレビは取り扱い説明書が何冊もあったり、付属品も多数あることが多いので、
ご依頼される前に全てそろっているか、ご確認ください。

③まとめて依頼!


一つの商品を買いに出張するよりもまとめてたくさんあると
とっても効率的!買取金額もサービスできるようになりますね。

※例えば、KURO クロ プラズマテレビ のみより、 プラズマテレビ とHDDレコーダーというようなセットでのご依頼の方が高額買取可能となります。

④売るタイミング!


KURO クロ プラズマテレビなどのデジタル家電は
つぎつぎと新機種が発売され、買取価格の変動が大きくなっています。
倉庫に眠らせていても、市場価値は下がる一方ですので、
使用されなくなった時が最大の売り時です。

⑤未開封商品!


未開封と開封品では買取額が異なってまいりますので、新品に関しては 未開封が一番です。また、保証書に店舗印が押されているかも見積もりに 影響いたしますので、お教えください。KURO クロ プラズマテレビに関しては、 特にメーカー梱包が重要となります。

⑥状態!


KURO クロ プラズマテレビ本体のキズ、液晶画面のドット抜けなどがあると、買取額はダウンします。 また、禁煙環境で使用されていたか、喫煙環境で使用されていたかによっても、 買取額は変わってまいります。

クロ(KURO)について

パイオニアは、世界で初めてレーザーディスクを商品化した会社で、レーザーディスクという言葉はパイオニアの登録商品となっています。その後、パイオニアはプロシードというブラウン管のテレビを発売し、1997年に世界で初めて50型のハイビジョンプラズマテレビを発売したのです。そして、デジタルハイビジョンプラズマテレビKUROに進化を遂げ、誰がどんな環境どのように使っても圧倒的な高画質高音質実感できることに成功した、新世代のプラズマテレビを生み出したのです。総合家電メーカーが当時重んじている量を伴う生産を捨て、質を伴う生産へとシフトチェンジし、オーディオビジュアル専門メーカーとして、見る聞くことの感動を大切にしたのです。KUROは従来難しいとされていた黒色の発色への表現を高め、究極の黒を体現することにより、明暗差を相対的な値で表したものであるコントラストが大きく、熱狂的な高い支持をえたのです。外観もピアノブラックという光沢を放った高級感のある仕上がりにしてあります。画質重視のユーザーに予想を超える人気を博したことにより、KUROの商品の生産終了が延期されるほどだったのです。2007年秋に発売され、2009年に発売中止したにもかかわらず、今でもなお、パイオニアのKUROの愛好者は後を絶たない状態なのです。KUROというネーミングは絵画において白のキャンバスがすべてのもとになるように、映像におけるすべての始まりの黒であるという意味が込められています。

買取価格を調べる